生物資源開発研究センター

あわら市にある生物資源開発研究センターです。

センター外観.JPG 公園.JPG
当センターは、基礎研究で得られた成果を実際に活用することを目指した研究施設であるとともに、生物資源学部の学生が、生物生産を自ら体験する教育施設です。
現在は、高等植物に重点を置き、遺伝子の機能解析、多様な品種・系統の形質評価、それに基づく育種法を研究し、役に立つ品種の開発を目指しています。
国内外の大学、 国および県の試験研究機関、民間企業との共同研究を推進しています。

水田.jpg ソルガム.jpg
イネの有用遺伝子探索中の水田        名古屋大学との共同研究で栽培しているソルガム

ウメ.JPG トマト.jpg
県内ウメ遺伝資源の保存           県内企業との共同研究で栽培しているトマト

スタッフ

教授 :仲下英雄(生物資源開発研究センター長)
講師 :三浦孝太郎

研究内容

仲下グループ(準備中です)
三浦グループ(準備中です)

所在地

〒910-4103 福井県あわら市二面88-1
TEL:0776-77-1443    FAX.:0776-77-1448

このページのお問い合わせ先

福井県立大学 生物資源学部
〒910-1195 福井県永平寺町松岡兼定島4-1-1
TEL : 0776-61-6000 内線3110 FAX : 61-6015
E-mail : f_bio@fpu.ac.jp